Onshapeの使い方を徹底解説!iPadでも使える!ダウンロード不要で最短5分で使用開始

onshapeCADオペの仕事・年収
スポンサーリンク

無料で使える3DCADが増えてきましたが、今回ご紹介するのも無料で使えるOnshapeという3DCADです。

ここでは、Onshapeの始め方や簡単な使い方まで初心者にも分かりやすく解説したいと思います。

編集長
編集長

Onshapeの基本機能を使って簡単な形状を作成するところまで解説します!

最近は、OnshapeやFusion360といった3DCADの副業も盛んに行われています。

詳細は以下の記事を参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

Onshapeとは

Onshapeは3DCADの3大ベンダーの一つであるPTC社(Parametric Technology Corporation)が2019年に買収した会社の主力3DCADになります。

PTC社はアメリカのボストンに本社を構えるCAD/CAM/CAEおよびPLM製品の開発会社で、ハイエンドの3DCADでいうと、Creoの開発元として有名です。

Creoはトヨタ自動車、フォルクスワーゲンといった大手自動車メーカーや、日本の家電メーカーなどでも使われている信頼ある3DCADです。

そのPTCが500億円以上ものお金を使ってでも買収したOnshapeが注目に値しないわけがありません。

それでは早速、Onshapeの特徴について詳しく見ていきましょう。

Onshapeの特徴やプラン

  1. 個人使用や学生は無料で使える
  2. フルクラウド
  3. ダウンロード及びインストール不要
  4. PCだけではなくiPhoneiPadAndroidデバイスといったモバイルデバイスでも使える

Onshapeの特徴を簡潔にまとめると上記のような感じになります。

また、Onshapeは下表のような様々なプランが用意されています。

ですが、下表以外にも趣味利用、個人利用、学生であればパブリックプランというOnshapeを無料で使えるプランがあります。

本記事では、そのパブリックプランにおけるOnshapeの始め方や使い方について解説していきます。

EnterpriseProfessionalStandard
クラス最高の製品開発ツール、カスタマイズされたワークフロー、
ロールベースのアクセス制御、設計分析を必要とする組織向け。
CAD 、リリース管理、データ管理などの製品開発プラットフォームを
必要とする中小企業およびコンサルティング事業向け。
適度なコラボレーションとデータ管理のニーズを備えた
最新のCAD ツールを必要とするシングル シート ユーザー向け。
お問い合わせ
フルユーザーおよびライトユーザーのプロビジョニングが可能
USD2,100
ユーザーあたり、年あたり無料の試行版もあり
USD1,500
ユーザーあたり、年あたり

ですが、無料のパブリックプラン以外にもProfessionalプランは無料での試行版もあるので、いきなり購入するのは気が引けるという人は、これから始めてみるのも良いです。

Onshapeの始め方

Onshapeは前述したようにダウンロードやインストールが不要という他の無料の3DCADとは少し違う特徴を持っています。

フルクラウド型で、3DCADソフト自体がネット上(サーバー側)にあり、それを使用します。

なので、ユーザー登録だけすれば使い始められ、私は登録含め5分ぐらいで使い始めることができました。

ここでは、Onshapeのパブリックプランにおける、ユーザー登録から使い始めるまでの各種設定についてご紹介します。

Onshapeのユーザー登録

  • 手順1

以下のURLに飛び、画像の赤枠のGet Startedをクリックする

Onshape | Product Development Platform
The Onshape free plan offers all the capabilities of modern CAD tools to non-professional designers, hobbyists, and makers at no additional cost. Find out how t...

Onshapeユーザー登録

  • 手順2

続いて以下の必要項目を記入の上、一番下のチェックボックスにチェックを入れ、画像の赤枠のGet Startedをクリックする

Onshapeユーザー登録2

  • 手順3

続いて以下の必要項目を記入の上、一番下の「I’m not a robot」にチェックを入れ、画像の赤枠のCreate Accountをクリックする

Onshapeユーザー登録3

  • 手順4

Create Accountをクリックすると、登録したメールアドレスに以下のメールが届きますので、画像の赤枠の「アカウントを有効にする」をクリックする

Onshapeユーザー登録4

Onshapeの使い始めの各種設定

  • 単位の設定

上記で「アカウントを有効にする」をクリックすると、次は単位の設定になります。

私は以下のように設定しました。設定後は次へをクリックします。

onshape単位設定

  • マウスコントロールの設定

続いてマウスコントロールの設定です。

もし普段使っているCADの設定にしたい場合は、プルダウンで選ぶことができます。

CreoやNX、AutoCADなど主要CADはプルダウンから選択可能です。

onshapeマウスコントロール設定2

  • プロファイルの設定

続いてプロファイルの設定です。ニックネームを入力し、次へ。

onshapeプロファイル設定

  • ブラウザチェック

最後はブラウザチェックです。自動でチェックされ問題なければ「ブラウザは良さそうです!」のメッセージが出ます。

onshapeブラウザチェック

これで事前準備は完了ですので、すぐにOnshapeを使い始められます。

Onshapeの基本的な使い方

ファイルの新規作成

まずは3D形状をモデリングするためのファイルを作成する必要があります。

普通は新規ファイル作成などの名前が一般的ですが、Onshapeの場合、下記の赤枠内のように、「作成/ドキュメント」でファイル作成できます。

Onshapeファイル作成1

次に作成するファイルに名前を付けます

Onshapeファイル作成2

ファイル作成が終ると以下のようにモデリングできる画面になります。

いよいよモデリングの開始です。

Onshapeファイル作成3

Onshapeの基本機能

以下がOnshapeで良く使う基本機能です。

  1. スケッチ・・・線で3D形状の断面を描きます
  2. 押し出し・・・描いた断面を3Dに押し出します
  3. フィレット・・・角にRを付けます

Onshape基本機能

それでは上記の3つの基本機能を使って、以下のような形状を作ってみます。

Onshapeサンプル形状

  • 手順1

まずはスケッチで長方形を描きます。

先ほど紹介したスケッチコマンドをクリックし、スケッチ平面を選択します。

今回はFront平面をスケッチ平面に選択します。このスケッチ平面に長方形を描きます。

Onshapeスケッチ2

  • 手順2

下記赤枠の「コーナー長方形」というコマンドで以下のような長方形を描きます。

Onshapeスケッチで長方形描く

  • 手順3

描いた長方形のスケッチを「押し出し」コマンドで以下のように直方体(3D形状)にします。

手順は以下の①~④の通りです。

  1. 「押し出し」コマンドをクリック
  2. 先ほど描いたスケッチを選択する
  3. 押し出し量を入力する
  4. 決定する

Onshapeで押し出す

  • 手順4

次に円で直方体をくり抜くために、スケッチで以下のような円を描きます。

スケッチ平面はFront平面です。

Onshapeスケッチで円を描く

  • 手順5

円のスケッチと押し出しで円柱を作成し、直方体を円柱でカットします。

手順は以下の①~④の通りです。

  1. 「押し出し」コマンドをクリック
  2. 先ほど描いた円のスケッチを選択する
  3. 押し出し量を入力する
    円柱が直方体を貫通していることを確認
  4. 「削除する」を選択
    この操作によりカットするということになります。
  5. 決定する

Onshapeカット

  • 手順6

最後にフィレット(R)を付けます。

手順は以下の①~④の通りです。

  1. 「フィレット」コマンドをクリック
  2. フィレットを付ける角を選択
    Shiftボタンを押しながら選択することで四隅を一度に選択できます
  3. フィレットの大きさを入力する
  4. 決定する

Onshapeでフィレット付け

これで以下の形状が出来上がります。

Onshapeサンプル形状

今回は簡単な形状で説明しましたが、一般的にはスケッチ、押し出し、フィレットという3つのコマンドで色んな形状ができると思います。

まずはこの3つのコマンドを試しながら、その他のコマンドも覚えていくことで、より複雑な形状がモデリングできるようになると思います。

OnshapeのiPadやiphoneでの使い方

OnshapeはiPadやiPhoneなどのデバイスでも使用可能です。

まずは以下の通りAppStoreに行き、Onshapeのアプリを入手します。

onshapeのipadでの使い方

OnshapeのiPadでの使い方は至って簡単で若干、パソコン版と画面は違うもののコマンドややれることは同じです。

以下はiPhoneでのOnshapeの画面です。

onshapeのiphone画面

以下の赤丸をタップすると各種コマンドが現れます。

onshapeのiphoneのコマンド

Onshapeに必要なパソコンスペックは?

Onshapeはフルクラウドのソフトなためそれほど高いパソコンスペックは必要ありません。

もしより複雑な形状や大規模アセンブリデータを使用したい場合は、高性能なグラフィックカードやメモリが必要になってきます。

その場合は、以下の記事に3DCADにおすすめのデスクトップパソコンノートパソコンをまとめてありますので参考にしていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は無料で使える3DCADの一つであるOnshapeを使うための前準備や基本的な使い方についてご説明しました。

Onshapeの機能についてはFusion360などと遜色ないものがそろっていますので、色々と試してもらえたらと思います。



自分の可能性は事前に知っておこう!
アプリが使い易いと絶賛!

アプリ版ができて凄く使い易くなったという声が多いです!スカウト機能と分析機能もあり、正社員もバイトも探せて便利。気軽に眺められるのも良い感じです。

クオリティ高い自己分析が無料でできる

自分でも気付かなかった内面的スキルや思考性をAIを使って無料で分析でき、その結果や職務経歴、スキルを企業に公開することで、仕事内容や社風が自分にマッチした企業からオファーが届くサービスです。自分でも考えもしなかった転職先が診断され、精度の高さにもビックリします!

未経験からITエンジニアになりたい人必見です!

第二新卒・20代がメインとなりますが、就職支援型の就活サイトがコチラ。『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み。リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。労働環境を見定め、徹底的にブラック企業を排除した案件を紹介してくれるので安心です。

CADオペの仕事・年収
編集長をフォローする
CAD/BIMオペレーター・CGクリエイターのための転職・副業ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました